iKON

韓国出身の6人組ボーイズグループ、iKON(アイコン)が行う約2年半ぶりとなる日本ツアー「iKON JAPAN TOUR 2022〜FLASHBACK〜」(2都市6公演)。チケット完売している7月10日(日)東京・国立代々木競技場 第一体育館でのツアーファイナルの模様が、映像配信サービスdTVにて独占生配信される。

世界的な人気を誇るBIGBANGやBLACKPINKを輩出したYG ENTERTAINMENT所属のiKONは、2016年の日本デビューとほぼ同時にアリーナツアーを実施して以降、パフォーマンスの高い完成度とチームワークの良さを最強の武器に、日本武道館公演やドームツアーなど数々のステージで日本を熱狂させてきた。これまで日本での公演累計総動員数は100万人を突破しており、確かな実力と人気を誇っている。

7月13日(水)にはいよいよ、3年4ヵ月ぶりの日本作品となるアルバム『FLASHBACK [+ i DECIDE]』もリリース。同作には、5月に本国リリースされ世界18ヵ国のiTunesアルバムランキング1位及びiTunesワールドワイドアルバムチャートで首位を獲得した最新ミニアルバム『FLASHBACK』をはじめ、『i DECIDE』(’20年2月発売ミニアルバム)、『Why Why Why』(’21年3月発売シングル)の日本語バージョンなど11曲が収録される。

今回のツアーは、’19年以来で、注目のアルバムを携えての公演とあって、多くのファンが待ち望んでいたことは想像に難くない。すでに最終公演のチケットは完売しているが、ツアーの締めくくりはファンならずとも気になるところ。dTVでは、会員登録不要で視聴チケットの購入、視聴が可能だ。会員であれば、特別割引価格で購入できる。会場に足を運べずとも、スマートフォンやタブレット、パソコン、テレビの大画面などで会場と一体感を味わうことができるのはうれしいところ。視聴チケットは7月18日(月)21:00まで発売中。7月18日(月)23:59まで視聴でき、見逃し視聴はもちろん、会場でライブを楽しみつつ、後日再度……といった楽しみ方もできる。

また、dTVでは、同生配信を記念して、iKONの過去ライブ映像作品2タイトルの配信も決定、7月1日(金)より配信スタート。全国6都市14公演で13.7万人超を動員した、ダブルアンコールを含む全30曲にも及ぶライブパフォーマンスを余すところなく収録したライブ映像作品『iKON JAPAN TOUR 2019』と、流暢な日本語とセンス抜群のトーク力も魅力のJAYとJU-NEがMCに初挑戦し、メンバー自然な表情や、会場とのコミュニケーションを楽しむ姿がたっぷり見られる『iKON FAN MEETING 2019』。新たなツアーに臨む前に、気分を高めてみてはいかがだろうか。

iKONが放つ灼熱のライブをそれぞれの場所で体感し、アツい夏を満喫しよう。