市販の、お湯を注げば、すぐに飲めるインスタントスープや、鍋に入れるだけで、簡単にスープが作れるスープの素。

最近では、そのクオリティも高く、即席なのに本格的なスープが楽しめる商品も多いですよね。

そんな市販のスープの素は、ちょっとアレンジするだけで、美味しい料理が楽しめるんです。

コンビニやスーパーで手軽に手に入りますし、家にストックしてある人も多いのでは?

そのスープの素、ただスープとして飲むだけでなく、料理にも使ってみましょう。

今回は5つのレシピをご紹介します。

市販のスープの素を使った美味しいレシピ5選

1.「とろたまシェントゥジャン」

アイデア料理研究家で、栄養士のmakoさんが考案したレシピです。

マグカップに材料を入れて、電子レンジでチンするだけでできる時短・簡単なレシピ。

「シェントゥジャン」とは台湾の定番の朝ごはんで、豆乳と少ししょっぱい具材が入った豆乳スープのようなもの。

それに卵が入って、日本流にアレンジされています。

makoさんによると、豆乳に酢を混ぜるとトロッとするので、はちみつも加えてさっぱりヨーグルト風にアレンジしているそうです。

ビタミン・ミネラルもたっぷりの、美容にもぴったりなレシピだそうですよ。

このレシピは、市販の鶏がらスープの素と、キッコーマン「無調整豆乳」を使用しています。

【材料(1人分)】

無調整豆乳:150ml

卵:1個

青ネギ:1本(市販のきざみネギでも可)

酢:大さじ1/2

鶏がらスープの素:小さじ1

醤油:少々

ラー油:少々(ごま油でも可)

【作り方】
1.マグカップに豆乳、卵の白身、鶏がらスープの素を入れ、ふんわりラップし、レンジ600Wで2分半加熱する。

2. (1)をざっくり混ぜ合わせ、酢を回しかける。

3. 青ネギをハサミで切り入れ、卵の黄身をのせ、ラー油、醤油を回しかける。

2.「簡単豆乳モーニングスープ」

時間のない朝の朝食に、ぴったりのスープメニューです。

粉末のコーンスープの素と豆乳と、野菜チップスに熱湯を注いで、電子レンジでチンするだけの超簡単メニュー。

しかも豆乳と野菜チップスで、手軽に栄養が摂取できそうです。

このレシピでは、キッコーマンの「調整豆乳」を使っています。

【材料(1人分)】

調整豆乳:100ml

粉末コーンスープの素:1袋

野菜チップス:適宜

熱湯:50ml

【作り方】
1.マグカップに粉末スープを入れ、熱湯を注ぎ、よくかき混ぜる。

2.豆乳を加え、さらによく混ぜたら、電子レンジ500Wで約1分間、加熱する。

3.電子レンジから取り出し、よく混ぜ、お好みで野菜チップスを盛りつける。

先に紹介した、「とろたまシェントゥジャン」とこのレシピは、キッコーマンが提唱している「豆乳マグ朝食」のレシピ。

豆乳は腹もちがよく、大豆のたんぱく質も摂れるので、朝食にもぴったりなのだそう。

マグカップを使ったレシピなら、包丁もフライパンも必要なしで、調理、片付けも楽ちんなので忙しい朝でも手軽に作れます。

朝食を抜かしがちな人にもおすすめですよ。