子どもたちに大人気の「すみっコぐらし」。

しろくま、ねこ、とかげなど可愛いキャラクターたちと楽しく「お金」について学べるドリル形式の書籍『すみっコぐらし おかねをまなぶっく 入学準備〜小学1年』が発売しました。

どのような内容なのか、詳しくご紹介します!

お金の知識が身につく『すみっコぐらし おかねをまなぶっく』

なぜ、子どもたちにお金の教育が必要なのか。

『すみっコぐらし おかねをまなぶっく 入学準備〜小学1年』の監修者で、ファイナンシャルプランナーの山口京子さんは、「クレジットカードや電子マネーが普及する今、子どもたちは「現金」を使って金銭感覚を身につける機会が減っています。しかし、子どものうちに、正しい金銭感覚を身につけることは、将来きちんとお金を使う、貯める、増やすためにとても重要です」と話しています。

一児の母で、小学校でお金の授業をした経験もある山口さんは、子どもにお金の価値をどう教えればいいか悩む保護者の相談を受けることも多いそう。そんなキャッシュレス時代のニーズにこたえるマネー教育本が『すみっコぐらし おかねをまなぶっく 入学準備〜小学1年』です。