アウトドアはもちろん、室内でも活躍する折りたたみ家具。

折りたたむことによって狭いスペースにも収納できる、汎用性の高いアイテムです。

今回の記事では、アウトドア用品で人気のブランド「ワークマン」の折りたたみイスと折りたたみデスクを使用レビュー。

デザインや使い心地、室内に置いた時のサイズ感などを詳しくご紹介します!

【ワークマン】燃え広がりにくいローチェア:1,780円(税込)

シンプルな見た目が特徴の、コンパクトな折りたたみイスです。

広げた際のサイズは、幅565×奥行510×高さ637mmほど。最大100kgの重さに耐えられるため、身体の大きな方や、椅子を荷物置きとして使いたい方にもぴったりですよ。

カラーはブラック・ネイビー・ブラウンの全3種類。今回筆者は、落ち着いた印象のブラウンを選択しました。

座りやすい傾斜付き

背もたれに向かって程よい傾斜が付いているため、安定感があるのが嬉しいポイントです。

ぐらつきが心配なことも多い折りたたみイスですが、ワークマンの「燃え広がりにくいローチェア」は、安心して座ることができそうです。

実際に座ってみると、想像していたよりも座り心地がよく、ゆったり快適にくつろげます。

「組み立て式のイスは座りにくそう」という筆者の先入観を、良い意味で大きく裏切るアイテムでした…!