年間通して人気のあるメニューである一方、夏場は特に食べたくなるカレー。

でも、ランチ時にサクッと食べるとなると、意外と身近に専門店がなかったりして、ありつけずにもどかしい思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか。

そんなときにうってつけなのが、コンビニ各社で販売されているカレー弁当です。

レンチンしてもらえば、すぐに美味しくいただくことができる上、価格もおおむね500円前後とお手頃です。

ここでは、そんなコンビニのカレー弁当を、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップで食べ比べ。

各カレー弁当の、個性と魅力に迫ります。

【セブン-イレブン】「牛の旨味が決め手 欧風ビーフカレー」530円(税別)

30種類のスパイスと、繊細に調理された具材によって実現するハイレベルの味!

カレーとご飯が別体になっており、レンチンした後、食べる前にドロっとかける寸法

まずはセブン-イレブンの、「牛の旨味が決め手 欧風ビーフカレー」から食べていきます。

30種類ものスパイスを使用した、こだわりの一品のようですが、下記のスペックの通り、見た目よりも高カロリーのカレーのようです。

<1包装あたり>

エネルギー:780kacl

たんぱく質:20.1g

脂質:26.9g

炭水化物:119.1g

糖質:109.5g

食物繊維:9.6g

食塩相当量:2.8g

<レンジ加熱目安>

500W:4分

1500W:1分20秒

30種類ものスパイスの他に、牛肉、フルーツチャツネ、玉葱トマトソースが具として採用されています。

実際にいただいてみると、これだけの豊富な素材の影響か、出汁の旨味が実に強く、そして味わいが実に複雑。

口の中で、さまざまな味わいが交差するような印象を受けました。

実に贅沢な欧風カレーで、税別530円とは思えぬほどでした。

また、具の牛肉の調理も本格的で、十分な厚さで柔らかく煮込まれています。

辛さはほのかで、食べる人を限定させない配慮もあり、セブン-イレブンらしい、ハイレベルな味わいを楽しませてくれました。