「私を引っ張り上げて」「私を元気づけて」という言葉が語源という、北イタリア生まれのスイーツ、ティラミス。

フィンガービスケットというお菓子の上に、カスタードソースを乗せ、さらにココアやチョコ、コーヒーのパウダーを乗せていただくものです。

日本でもバブル末期に認知されるようになり、雑誌の影響などもあり、一時大ブレイクとなったスイーツです。

今日では、その人気は定着しつつも、安定した支持を得ることとなり、コンビニ各社のスイーツコーナーでも定番商品としてラインナップされています。

しかし、各社ごとにその構成はバラバラで、どれが自分にピッタリのティラミスなのか判断しにくいのも正直なところ。

そこで今回は、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップのティラミスを食べ比べ、各商品の個性に迫りたいと思います。

【セブン-イレブン】「7プレミアム ティラミス氷」148円(税別)

ティラミスを、氷アイスに進化させたセブン渾身の商品!

まずは、セブン-イレブンの「ティラミス氷」から食べていきます。

なんと従来のティラミスを、氷アイスに転じた商品で、冷凍コーナーに陳列されています。

店舗によっては、売り切れになるほどの支持を得ているものだそうですが、果たしてその味はどんなものなのでしょうか。

スペックは以下の通りです。

<1包装あたり>

エネルギー:185kacl

たんぱく質:1.7g

脂質:8.0g

炭水化物:26.5g

糖質:26.1g

食物繊維:0.4g

食塩相当量:0.17g

冷凍された、ティラミス氷の蓋を開けると、表面全体にココアパウダーがかかっています。

その表面をスプーンですくうと、見た目よりも柔らかく、これまでにあまり体験したことがない質感です。

実際に食べてみると、トップはアイスのようななめらかさ。そして、中心部はフローズンのザクザク感。

さらに、底にあるアーモンド使用のクッキーの甘さの後にコーヒーの苦味があり、実に贅沢な味わいとなっています。

1口目でも十分美味しいですが、2口目ではさらに美味しさが増すような印象で、何度も何度も食べたくなるような絶品スイーツでした。

売り切れになる理由もよくわかります。

セブン-イレブン渾身のティラミスと言って良いでしょう。