東京ディズニーリゾートは2018年で35周年。

35年間でゲストが体験したデータを少し変わった指標でご紹介します。

開園35周年を迎える東京ディズニーリゾートでは、2018年4月15日から2019年3月25日までの345日間にわたり、アニバーサリーイベント「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration! ”」を開催します。

今回は、これまでの約35年間、東京ディズニーリゾートで開園当時から愛されているアトラクションの累積走行距離や、ゲストが食べた人気メニューを並べると、どのくらいの高さになるのかなどを、東京ディズニーランドのシンボルでもあるシンデレラ城や、東京ディズニーシーにあるプロメテウス火山、また地球と月の距離など、少し変わった指標でご紹介します。

ピザを重ねてシンデレラ城18,000塔分

これまで販売されたピザを積み重ね、その高さを東京ディズニーランドにあるシンデレラ城の
高さに換算すると、シンデレラ城の約18,000塔分に相当します。

ポップコーンでプロメテウス火山が4.6個作れる

これまで販売されたポップコーンの体積を東京ディズニーシーにあるプロメテウス火山の体積
に換算すると、プロメテウス火山の約4.6個分のポップコーンの山ができあがります。

スペース・マウンテンで月へ25往復

スペース・マウンテンのこれまでのロケットの累積飛行距離は地球と月の間を約25往復分となります。

全日本人が2回聞いた「小さな世界」

これまでにイッツ・ア・スモールワールドで「小さな世界」を聞いた(アトラクションに乗った)人数は、日本の皆さまが2回ずつ聞いた人数に相当する約2億6000万人となります。