“旅のテンションを上げる都市観光ホテル”。そんなコンセプトで誕生した「星野リゾート OMO」。2018年春に北海道と東京、2ヶ所にオープンしていますが、今回お伺いしたのは、「OMO7旭川」です。

そして、「こどもと遊ぼう」編集部とともに、ガイド役を務めていただくのが、ブリヂストングループ カーメンテナンスショップ「タイヤ館」の“クルマ旅マスター”、越智佳奈恵さん。

学生時代からのお友達と久しぶりの女子旅は、北海道へ。OMO名物!「ご近所ガイドOMOレンジャー」とともに、ディープな旭川散策にでかけてきました。

「ご近所ガイドOMOレンジャー」と旭川を散策

はじめて行く旅先のことは、ガイド本やWebで調べるという方は多いと思いますが、ガイドには掲載されない、地元民しか行かないようなスポットって魅力的ですよね?そんな穴場への案内人を務めてくれるのが、「ご近所ガイドOMOレンジャー」です。

OMOレンジャー…。たぶん、多くの方が想像する通り、レンジャーには5色(人)いて、OMO GREENは街中散歩、OMO REDはお酒の飲み歩き、OMO BLUEは裏路地グルメといった具合に、それぞれ得意分野を担当します。

そして、なんと!OMO GREENの出動は無料ということで、まずはGREENの得意分野、街中散歩へでかけました。

日本初の恒久的歩行者天国を歩く!

まずは、OMO GREEぎもさんに旭川の歴史や文化のお話をお伺いしながら、旭川駅から北へと伸びる「平和通買物公園」へ。じつは、この通り、1972年に日本初の恒久的歩行者天国として誕生し、現在では、旭川八景のひとつにもなっているそうです。

通りの最後にあるのが、旭川市に数多くある野外彫刻のひとつ、「手の噴水」。旭川は彫刻の街とも言われており、市内には約100基の彫刻があるそう。そんな彫刻巡りをするのも、旭川ならではの楽しみ方ですね。

旭川市のホームページには「旭川野外彫刻たくさんマップ」が掲載されているので、ぜひご覧ください。

街のお豆腐屋さんのようなチーズ工房へ

続いては、できたてのチーズが食べられると評判のチーズ工房「ジャパチーズ旭川」。代表の長尾英次さんは「チーズをいつもの食材に。」をコンセプトに、日本人が食べやすいチーズの提供を心掛けているのだとか。

「OMO GREENに連れてこられなければ、スルーしてしまいそう」という通り、店構えはコンパクト。「ですが、できたてのチーズはおいしかったですし、お土産にもおすすめ。チーズの製造現場を見ることができたり、ぶらり散策には最適な1軒」と“クルマ旅マスター”の越智さんも絶賛。さすが地元を愛するOMOレンジャー推奨といったところですね。

【ジャパチーズ旭川】
◎住所:旭川市7条通7丁目33-69買物公園 ◎時間:11:00〜18:00 ◎定休日:月曜日