JR東日本グループでは、2020年8月3日に全体開業したJR東日本最大規模のエキナカ商業施設「グランスタ東京」の新規開業店舗66店舗の中から、「テイクアウトベスト5」を発表しました。

老舗の逸品から仲間とシェアできる手軽な美味しさまで、お家でも東京駅の味が楽しめるテイクアウト商品が揃っています。

東京駅を訪れた際は、このランキングを参考に、絶品テイクアウトグルメをゲットしてみては?

「グランスタ東京」新規開業店舗の「テイクアウトベスト5」

5位「フラットブレッド2種トマトとパプリカ」

価格:380円
店舗:CITYSHOP東京駅

野菜をふんだんに使用した平型パンは、忙しい生活の中でも手軽にサクッと栄養たっぷり楽しめます。

4位「名古屋コーチン特上焼鳥重」

価格:1,480円
店舗:名古屋コーチン専門伊藤和四五郎商店

人気のねぎま,皮,つくねに希少部位のぼんじりを焼き上がりに秘伝のたれをつけて仕上げ、御飯の上に鶏そぼろと一緒に乗せた一品。

だし巻き玉子とししとう、しいたけが添えられています。

3位「純但馬牛100%極上絹ごし大とろハンバーグおろしポン酢」

価格:1,620円
店舗:純但馬牛美方powered by GORIO

絹ごし豆腐やトロのような食感に仕上げた肉汁たっぷりのハンバーグを、自家製のおろしポン酢でさっぱりと食べられます。

2位「ハーブチキンとチーズポテトのサラダミール」

価格:896円
店舗:RF1 SALAD MEAL
香りのよいディル・タラゴン・イタリアンパセリのハーブオイルに、コクのあるゴルゴンゾーラのチーズポテトや、さっぱりとした味わいのトマトマリネが相性抜群。

この1品でバランスのとれた食事になるので、時間のないオフィスワーカーにもオススメです。

1位「サーモンカツサンド」
価格:580円
店舗:TOUBEI

“合成保存料”“合成着色料”“化学調味料”を使用しない、健康志向のお魚総菜・お弁当を取り揃える「TOUBEI」の、ランチや新幹線での移動にサクッと楽しめるサンドイッチが1位を獲得!

やわらかく小麦の香りと甘みが楽しめる食パンに、サーモントラウトのすり身を使用して揚げたカツ、国産卵と玉ねぎをたっぷりと使用したタルタルソースをたっぷりサンドしています。

※2020年8月3日(月)〜2020年9月2日(水)の売上金額の集計に基づいています。