出会いがあっても恋愛に結びつかない、好きな人がいても告白できない……。

こんな風に「実は、自分に自信が持てない」という女子たちもいます。

何年も彼氏がいなかったり、好きな人がいても恋人関係に進めないでいる自分を振り返ったりしたときには、「私のどこが悪いんだろう?」と考え始めるもの。

けれど、そこで出た結論が実は“カン違い”な方向に進んでいたら……?

「自分に自信がない」と口にする、恋愛ベタ女子が陥りがちなカン違いを3つご紹介しましょう。

カン違い1:「出会いがないのは体型のせいだ」と決めつけている

ぽちゃっとした体型にコンプレックスを感じていると、「そーだ。私が恋愛できないのは、この体型のせいなのよね!」と、自ら結論づける女子もいます。

「自信がない原因がわかったー。痩せればいいんだわ!」と奮起するだけで行動には移せないのも「あるある」ながら、本当は体型ではない別の原因によって恋愛がうまくいっていない可能性をも忘れてしまいがち。

「ぽちゃ体型がタイプ」という男性は決して珍しくありませんし、「自分に自信がない」の原因が“恋がうまくいかないこと”にあるのだとしたら、「痩せれば解決する」という類の話ではないことが……。

もちろん、ダイエットに成功した自分を認めることで自信が芽生える効果は期待できるものの、「恋愛がダメで……」と感じる自分になっているのは、外見より内面に理由が潜んでいる人も珍しくありません。

カン違い2:恋愛に自信はないけど自意識は過剰

「恋愛がうまくいかない」と、どこかで立ち止まるタイミングで「自信ないな〜」と感じると同時に「私の良さがわからない男性が多すぎ」なんて自意識過剰になっている矛盾。

「自分に自信が持てない」と言いつつ恋愛ベタを正当化している女子にありがちな思い込みです。

でも結局、「いつか“ありのままの私”を受け入れてくれる王子様が来るはず!」などと夢を見てしまい、思い通りに進まない恋活や婚活にブチ当たり、自信喪失……。

「自信がない」理由が「自信がありすぎること」にある矛盾に気づかなければ、前に進めないこともあります。