今年トレンドの”ビタミンカラー”。『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)や『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)、『あなたのことはそれほど』(TBS系)、『恋がヘタでも生きてます』(日本テレビ系)など、TVドラマで披露される最新コーデでも、ビタミンカラーを使っているものが多いです。

ですが、色物を使うコーデは難しく、筆者周りのママたちの間でもなかなか挑戦しにくいという声を聞きます。

特に多いのが、「合わせ方が苦手です〜」「子供っぽく見えそう」というもの。

そこで、パーソナルスタイリストの新田佳代さんに、子供っぽくならず、派手にもなりすぎない“絶妙コーディネート”を教えてもらってきました!

基本は、ビタミンカラー×茶系色で「大人キレイ」!

「合わせ方が難しくて敬遠されがちなビタミンカラーですが、そんな時は茶系色と合わせてみて」と、新田さん。派手色に意外と馴染むんです。

無難な黒だと、夏には重たい印象になってしまいますし、白を合わせるのはなんか高度に感じてしまう……という方も少なくないはず。

新田さんによれば「茶系色には、夏にも取り入れやすい軽さがあり、オシャレ感も出ますから、一石二鳥です!」とのこと。

茶系色多めの柄モノと合わせるのも、エスニックっぽい雰囲気になるので夏にピッタリではないでしょうか。

手持ちアイテムと上手に合わせた、応用ビタミンコーデ

ですが、基本の組み合わせは人とかぶりやすいという難点も……。

さりげなくビタミンカラーを取り入れてオシャレさを増したい方や、手持ちアイテムを上手に使いたい方は、これからご紹介するコーディネートに挑戦してみるといいかもしれません。

コーデ1:スニーカーを合わせた「アクティブビタミンコーデ」

「ビタミンカラーとスニーカーは子供っぽくなりそうで、ちょっと……」と思われる方は多いのではないでしょうか。

新田さんによれば「女性らしいひざ下のフレアースカートと合わせてみてください。子供っぽさが抜けて、一気に女性らしい印象になります」。

フレアースカートが甘めなので、トップスには今年流行のロックTシャツを合わせると、バランスもとりやすいそう。「相性の良いキャスケットも合わせれば、ガーリーになりすぎないですよ」と新田さん。

キャスケットは手持ちのハットにするなど、クローゼットのものを色々と組み合わせてみてもいいかもしれません。