全国映画動員ランキング発表!(10/10-10/11)

興行通信社が2020年10月10日、11日の全国映画動員ランキングを発表しました。先週、初登場で首位を飾った二宮和也主演作は何位に? “テネる現象”を巻き起こしている話題作『TENET テネット』は? 今週は芦田愛菜主演作などがランクインです。

10位『星の子』

今村夏子による同名小説を、芦田愛菜主演で大森立嗣監督が映画化した『星の子』が初登場10位に。

“あやしい宗教”を盲信している両親の元で暮らす娘が、次第に自身を取り巻く環境へ疑問を抱き、葛藤する姿を描きます。芦田愛菜は『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』以来5年ぶりに実写映画で主演を務めます。監督・脚本は『日日是好日』の大森立嗣。

大好きなお父さんとお母さんから、愛情たっぷりに育てられたちひろ。だが両親は、ちひろが生まれたときの病気を奇跡的に治してしまった“あやしい宗教”を深く信仰している。思春期に差しかかったちひろは、両親に教えられた自分の世界を疑い始めていき……

9位『トロールズ ミュージック★パワー』

公開2週目の『トロールズ』は、先週6位から9位に。

歌と踊り、ハグが大好きな妖精たちの冒険を描くミュージカルファンタジー『トロールズ』の続編です。

『ピッチ・パーフェクト』シリーズのアナ・ケンドリックや、ジャスティン・ティンバーレイクら豪華キャストがキャラクターの声を担当しています。日本語吹替版は上白石萌音、ウエンツ瑛士、仲里依紗、お笑いコンビ「ミキ」のふたりも出演。

ある日、ポピーたちのもとにロック族のクィーン・バーブから手紙が届く。そこには、トロールの世界がポップ村以外にも存在していたという封印された秘密が書いてあった。ポピーは、他のトロールの存在に胸を躍らせるのだが、この話にはある陰謀が隠されていた。

8位『ミッドナイトスワン』

公開3週目の草なぎ剛主演作は、先週8位から変わらず。

世界190カ国で配信されたNetflixドラマ『全裸監督』で脚光を浴びた内田英治監督がオリジナル脚本で挑む人間ドラマです。東京で孤独に生きていたトランスジェンダーの主人公・凪沙と、親から愛を注がれずに生きてきた少女・一果の出会いと関わりを通して、切なくも美しい現代の愛の形を描きます。

故郷の広島を離れた凪沙は、東京の新宿で衣装に身を包み、仲間と共にステージに立つ日々を送っている。そんなある日、凪沙は育児放棄にあっていた親戚の一果を預かることに。彼女と出会ったことで、孤独だった凪沙に今まで感じたことのない感情が芽生える。

7位『事故物件 恐い間取り』

公開7週目の『事故物件』は、先週5位から7位に。累計では動員169万人、興収22億円を突破しています。

テレビ出演と引き換えに、事故物件に住めと無茶ぶりされる売れない芸人・山野ヤマメ(亀梨)。かつて殺人事件のあった物件に引っ越してきたが、そこは、一見普通の部屋だが、撮影すると映像に白いものが写り込み、音声が乱れるなどの怪奇現象も起こり……

6位『映画ドラえもん のび太の新恐竜』

公開10週目に入った『映画ドラえもん』は、先週7位から6位にランクアップ。累計では動員267万人、興収32億円を突破です。

今作は、ドラえもんとのび太が双子の恐竜に出会い、冒険を繰り広げるオリジナルストーリーです。『映画ドラえもん』シリーズ史上最大のヒットを記録した『映画ドラえもん のび太の宝島』でタッグを組んだ、今井一暁が監督を務め、川村元気が脚本を担当しています。