主演・小栗旬さん&福田雄一監督という夢のタッグで実写映画化され、7月14日より公開された『銀魂』。

菅田将暉、橋本環奈から堂本剛まで豪華すぎるキャストが驚くべき完成度でキャラクターを再現しており、原作ファンからも大きな期待を集めています。

そして、福田雄一作品には欠かせない、佐藤二朗、ムロツヨシも大活躍しているのでご安心を。

バトルにギャグに感動に……と盛りだくさんの本作の中で、安定の“福田節”で私たちを楽しませてくれます。

今回は、福田雄一監督&佐藤二朗さんにインタビューを敢行。原作ファンの福田監督、原作を全く知らないという佐藤さんが語る映画『銀魂』とは!

福田雄一「二朗さんとムロさんは精神安定剤」

――映画最高に笑えました! 福田監督と言えば佐藤二朗さんということでファンは嬉しい配役となりましたが、武市変平太役を佐藤さんにお願いしたいと思った理由は?

福田:まあ大した役じゃないですからね。

佐藤:おいやめろ、一応「信頼しているから任せた」と言っておけ、

福田:ガヤ的な役ですし。やっぱり信頼している役は(堂本)剛君みたいな人に……。でもこの2人(佐藤二朗、ムロツヨシ)がいると安心するというか、精神安定剤の量は増えるなっていう感じですね。武市変平太は原作読んだ時から二朗さんだと思っていたので。

佐藤:この役については、「二朗さんはすごく変な人は合わなくて、ベースは普通だけど、どこか少し変な人が合う」って福田が言っていたのを思い出し、まあ、なんというか、そんな役なのかなあ、という感じで…。

佐藤「銀魂のことだけは聞かないでください」

福田:二朗さんの受け答えがなんかフワフワしているのは、原作を全く知らないからです。

佐藤:はい、その通りで困っています。俺に武市変平太のことだけは聞かないで欲しい。でも補足しておきますと、原作の空知先生が「二朗さんの好きにやってください、二朗さんは原作読まなくて良いです」と言ってくださったので。

福田:空知先生、めちゃくちゃ二朗さんのファンなんです。俺ショックでしたよ、『勇者ヨシヒコ』も『アオイホノオ』も「二朗さんが見たくて、観てました」って。そこじゃねえんだけどなって(笑)。

現場にも来てくさだったんですけど、小栗君も剛君もカンカン(橋本環奈)もいるのに二朗さんにすごく感動していました。

佐藤:なので原作ファンの皆さんにことわっておきたいのは、武市変平太がどの様になっていようとも、俺の責任にあらず。福田の責任です。

――二朗さんのシーンはほぼアドリブなのかな? と思う所もありましたが。

福田:完成した映画をご覧いただいて、どこがアドリブでどこが違うかってなかなか難しい所なんですけど、二朗さんのシーンは菅田君をいじり倒しているシーンとかたっぷりカットしていますから。

ご覧になった方、あそこのシーンはもっと長かったんですよ。

佐藤:僕は将暉と結構ご一緒していて、昔関西テレビのドラマで僕が書いたお話だったんですけど、まあシリアスなシーンが多くて。それがまさか何年か後にこんな大作でバカバカしいシーンで一緒になるとは。

でも将暉は、笑いに対してとても柔軟性と反射神経があるので、素晴らしかったですね。