肝心のパークは:TDRに慣れていれば問題なく楽しめる!!

さて、香港ディズニーランド・パーク。

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーには、何十回と遊びに行っていますが、海外パークはこれが初めての経験でした。

結論を言うと、日本でディズニー・パークに慣れていれば、それほどびっくりするような違いはなく、縦横無尽に楽しめてしまいます。全力おすすめです!

お馴染みアトラクションで安心

まず、「バズ・ライトイヤー・アストロブラスター」「イッツ・ア・スモールワールド」のような、お馴染みのアトラクションがあるため、安心できます。

最初は、子どもたちも異国の地で戸惑う可能性もあるので、勝手知ったるアトラクションから始めて、徐々に行動範囲を広げていくのもいいでしょう。

時間帯や、平日 or 土日祝日にもよりますが、待ち時間が、それほど長くならないのも、嬉しいところ!!

香港ならではのアトラクションを満喫

慣れてきたら、香港ディズニーランド・パークならではのアトラクションへ。

おすすめは、香港ディズニーランド・パークだけにしかないテーマエリア「トイ・ストーリーランド」。

エリア全体が、映画『トイ・ストーリー』シリーズの、アンディのおもちゃ箱の中としてつくられていて、写真を撮って回るだけでも、見どころ充分。

また、スペース・マウンテンを、スター・ウォーズ™ テーマでリメイクした、アジア初「ハイパー・スペース・マウンテン」(身長制限102cm以上)もあります。

キャラクターグリーティング天国! ジェラトーニにも会える!!

キャラクターグリーティングは、かなり充実しているので、期待してください。

ディズニーファンの中には、香港ディズニーランド・リゾートを、“キャラグリ天国” と呼ぶ人もいるほど。

ダッフィーや、ジェラトーニとのグリーティングもできちゃいますよ。

絶対観たいショー&パレード

香港ディズニーランド・パークへ遊びに行ったら絶対観たい「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック」や、迫力満点の生歌&アクロバットが見どころの「フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキング」といったショーは、文句なしのクオリティ。

ミッキーマウスほかディズニーの仲間たちが登場するパレード、「フライト・オブ・ファンタジー・パレード」も、楽しみの一つ。

外国語がわからなくても楽しめる

なお、香港ディズニーランド・リゾートのショーやパレードは、英語または中国語で公演されます。

うちの5歳の息子は、もちろん外国語がわからないのですが、キャラクターやダンサーのパフォーマンスと、聴き慣れたディズニー音楽を、問題なく楽しんでいました。

もちろん、個人差はあるかと思いますが、大人が思っているよりも、子どもは満足できるようですよ。