世界最大級の動画配信サービス「Netflix」が10月27日、都内で「Netflix アニメラインナップ発表会」を開き、Netflixオリジナルアニメシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』、完全新作テレビアニメシリーズ『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』など計16タイトルについて、新規ビジュアルやティザーPVを用いて、プレゼンテーションを実施。

その模様がオンラインで全世界に配信され、2021年に展開する怒涛のアニメリリースをユーザーにアピールした。

フル3DCGアニメーションで、シリーズ初の連続CGドラマとして制作される『バイオハザード:インフィニット ダークネス』(2021年全世界独占配信)は、『バイオハザード:ヴェンデッタ』(2017年公開)から3年後を舞台に、人気キャラクターであるレオンとクレアを軸とした知られざる物語が展開。ダイナミックなアクションに加えて、サスペンスの要素が加わる。

『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』は『僕のヒーローアカデミア』などを世に送り出すスタジオ「ボンズ」と、ハイクオリティなCGアニメで次世代をリードする「オレンジ」の強力タッグが実現した。

女性研究者の“カミノメイ”と男性技術者の“アリカワユン”という2人の若き天才が、人類に訪れた未曾有の脅威に立ち向かう全13話。2021年4月よりTOKYO MXなどで放送がスタートし、Netflixでは日本先行で全世界独占配信される。