2017年3月に日本で公開された、ディズニー映画『モアナと伝説の海』。

自分の人生に迷った時、本当の自分を忘れそうになった時。

モアナはあなたに寄り添い、一緒に雄大な海を冒険してくれます。

まだ見ていない人、映画館で見てもピンと来なかった人のために、モアナがあなたに寄り添ってくれる理由をお伝えします。

然るべき時にこの映画を見れば、きっと、欲しかった答えが見つかるはずです。

今までのディズニー映画にはない、全く新しい「モアナ」という主人公

© 2017 Disney

まず、この『モアナと伝説の海』は決して映画館でリゾート体験をするための映画ではありません。

確かに最先端の技術を駆使した海や空、モアナの住む「モトゥヌイ」の村の人々など、映像に映る全てが美しく、見る人の目を奪います。

しかし、それらはこの映画の本質ではありません。

この映画は、「モアナ」という、今までのディズニー映画のヒロインの殻を打ち破った、全く新しい女の子が、勇気と、知恵と、海への尊敬を持って、世界を救い、自分自身を見つけるお話です。

モアナが直面する厳しい現実

伝説が息づく楽園のような南の島にある、「モトゥヌイ」という村の村長の娘のモアナは、将来はこの村を背負って立つ人物として、村の人々から尊敬されています。

モアナの父親のトゥイは、村、そしてモアナを守る為、荒れた海が広がる珊瑚礁の向こう側に行くことを厳しく禁じています。

海への憧れを捨てきれずにいたモアナですが、成長するにつれ、平和なモトゥヌイでの生活を愛し、伝統を守り、村のために生きることを決意します。

それは現実的な問題として、決して間違いではありません。

誰もが幸せになる、「正しい道」ですらあるかもしれません。

不漁を訴える村人たちのために、珊瑚礁を越えることを提案したモアナは父親と衝突しますが、そこではじめて父親の真意を知ります。

しかし、海に呼ばれ、心のままに船に乗ったモアナは、珊瑚礁の向こう側へ飛び出してしまいます。

そこでモアナを待ち受けていたのは、よくあるディズニー映画の冒険の始まりではなく、モアナ、そして大切なペットのプアの命までを危険に晒す、厳しい現実でした。

どのキャラクターよりも共感できる主人公である理由

今までのディズニー映画では、歌いながら旅立つと、だいたいのことはうまく行って、素晴らしい冒険の旅がはじまりましたよね。

でも、『モアナと伝説の海』ではそれは始まりません。

『ズートピア』で、夢を叶えたジュディが、うまくいかない現実を突きつけられたように、モアナの旅立ちは、散々なものです。

モアナは一見、簡単には諦めず、夢を追いかける力を持ち、人々に愛される典型的な「ディズニー映画のヒロイン」に見えます。

ですが、彼女は反発して、失敗して、悩んで、挫けてしまう、普通の人間です。

今までのディズニー映画のキャラクターたちと同じくらい眩しく輝く一方で、実はどのキャラクターよりも共感できる主人公なんです。