ランチタイムは贅沢に進化し続けている。

いまや、家から持って来たお弁当を数時間後のランチタイムに、ほかほかな状態で食べられることも当たり前になりました。

電子レンジでチンするという定番はもちろん、お弁当箱自体の機能によって発熱剤に水を入れて温める、USBで接続して温めるなど、その方法はさまざま。

そして、2017年9月1日に魔法びんのパイオニアである「サーモス」から発売されるのが『サーモス ごはんが炊ける弁当箱(JBS-360) 』。

その名の通り、ごはんを炊いてくれるお弁当箱だというのです。

使い方はとても簡単。ごはん容器にお米を入れて洗い、水を適量入れて、専用の炊飯パーツを取り付けます。そして、電子レンジ500Wで8分加熱。

吹きこぼれない構造となっているので安心です。加熱後は保温ケースにセットしてフタを付け替えて 30 分保温すればごはんが炊き上がります。

ステンレス製魔法びん構造の高い保温力で蒸らすので、浸水なしでも大丈夫なのだとか。炊いた後、そのまま保温をすることができるので、ランチタイムにほかほかごはんを楽しむことができます。

専用ポーチに入れて持ち運びをすることができ、保温中は電気不要で省エネ。容量は1食分を想定した0.7合。ひとり暮らし の炊飯器代わりとしても使うことができるのも便利ですね。

食洗機にも対応しています。

カラーはブラックとホワイトの2色となっています。

冷めたお弁当だっておいしいけれど、さらにほかほかで、ご飯も炊きたてというのは今までにない贅沢なお弁当タイムを過ごすことができそうですね!

少し準備をするだけで、通勤中にだってご飯を炊くことができるという優れもののお弁当箱。

朝の10分を使えば、きっともっとランチタイムがハッピーに!