世界最恐の辛さを誇る唐辛子を使ったメニューを展開する「壱角家RED」では、2017年7月19日(水)のオープンを記念し、期間限定の激辛チャレンジ企画『REDチャレンジ』が行われています。

壱角家REDは、横浜家系ラーメン『壱角家』の新業態で、辛みそを使った激辛ラーメンを提供する激辛家系ラーメンの店舗です。

ラーメンのメニュー開発は、ラーメン研究家である石山 勇人氏がプロデュース。ラーメンの根幹をなす辛みそは、ギネスにも認定されたことがある、最恐に辛い唐辛子「トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー」を使用しており、「風神」「雷神」「龍神」、そして壱角家REDで最も辛く、風神の辛さの6倍を誇る「閻魔」と辛さのレベルを4段階でカスタマイズすることができます。

■3分で完食できるか!?壱角家REDからの挑戦状!期間限定『REDチャレンジ』

7月19日のオープンに合わせて、壱角家REDでは、激辛チャレンジ企画「閻魔REDチャレンジ」が行われます。ベースの辛さである「風神」の6倍の辛さを誇る、最恐に辛い唐辛子「トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー」を使用した激辛ラーメン「閻魔」を、スープまで制限時間である3分以内に食べ切っていただくという、夏にぴったりのチャレンジ企画です。

参加希望の方は卓上に置かれてあるタブレットで、「閻魔」メニューを選んだ際に表示される「挑戦しますか?」の問いに、「挑戦する」のボタンを押すことで、タイマーが稼働してチャレンジがスタート。時間内に完食した“REDチャレンジャー(挑戦者)”には、ガーデンが運営している飲食店で一部メニューが無料になるVIPカードが進呈されます。

また、 “ホワイトチャンス”として、辛さを抑えるといわれるタンパク質を多く含んだ牛乳類のサービスも用意されています。

この夏、最恐の唐辛子の辛さと四川山椒の痺れが、まるで閻魔大王のような迫力となって襲いかかる辛さに挑戦してみませんか?

【キャンペーン詳細】

●名称:「REDチャレンジ」
●概要:卓上に置いてあるタッチパネルでタイマーを設定し、制限時間内に壱角家REDの辛さの最大のレベルである「閻魔」のラーメンを汁まで食べ切るチャレンジ。達成した方には景品が贈呈されます。
●制限時間:3分
●期間:2017年7月19日(金)から夏期限定
●特典:時間内に完食いただいた方にはガーデンが運営している飲食店で一部メニューが無料になるVIPカードを進呈。
※VIPカードとは:ガーデンが運営している「壱角家RED」「壱角家」「一竜」「油そば総本店」「品川製麺所」「情熱のすためしどんどん」「鉄板王国」「だるまのめ」内で一部商品が一品無料になるカードです。

【辛さサポート】

壱角家REDでは、辛さへの耐久をサポートするため対策として、辛さを抑える働きがあるといわれる牛乳類が用意されています。特に、辛さの元である「カプサイシン」を抑える働きのあるといわれるたんぱく質「カゼイン」に注目し、期間限定で普通牛乳比1.7 倍(120mlで牛乳200ml と同等)のカルシウムとたんぱく質が摂取できる牛乳類が用意されています。

■商品概要

・名称:特製辛みそRED 閻魔
・値段:1,150円(税込)(特製辛みそRED 880円+トッピング閻魔270円)

・名称:特製辛みそつけRED 閻魔
・値段:1,570円(税込)(特製辛みそつけRED 1,300円+トッピング閻魔270円)

・概要:世界最恐の唐辛子「トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー」を用いた辛みそと、四川山椒のピリッとした辛さを濃厚とんこつスープに合わせた一品。辛さレベル「閻魔」は閻魔の名にふさわしく、涙が出るほどの辛さを味わうことができるラーメン。
(その他メニュー)※一部抜粋
・辛みそRED (880円)
・味玉辛みそRED(980円)
・辛みそつけRED(930円)
・味玉辛みそつけRED(1,030円)

■店舗詳細

店舗名:壱角家RED 渋谷道玄坂店(イチカクヤレッドシブヤドウゲンザカテン)
概要:「寺」をコンセプトにした内装のデザインが特徴の店舗です。また、ラーメンがレーンで運ばれてくるのも特徴で、ラーメンが到着する際、タブレットから”唐辛子おじさん”が浮世絵を背景に海を渡ってラーメンを運んでくる動画が流れます。
オープン日:2017年7月19日(水)
住所:東京都渋谷区道玄坂2-9-10 道玄坂K&Kビル2F
アクセス:東京メトロ「渋谷」駅から徒歩2分
営業時間:(月〜木) 11:00〜6:00(金)11:00〜8:00(土)24時間営業(日・祝)8:00〜6:00
総席数:カウンター16席 / テーブル 11席
TEL:03-5728-4860