海外ながら、子連れファミリーでも、思う存分に楽しめてしまう、香港ディズニーランド・リゾート。

実際に子どもと一緒に遊びに行っている経験から、ファミリー目線での、香港ディズニーランド・パークの見どころ5選を紹介します。

1. キャラクターとたくさん写真が撮れる!

香港ディズニーランド・リゾートの特色として、まず挙げられるのが、キャラクターグリーティングの充実具合。

2017年6月末時点で、香港ディズニーランド・パークで、グリーティングができるキャラクターは、なんと、

  • ミッキーマウス
  • ミニーマウス
  • ドナルドダック
  • デイジーダック
  • グーフィー
  • チップ
  • デール
  • ダッフィー
  • シェリーメイ
  • ジェラトーニ
  • エルサ
  • アナ
  • シンデレラ
  • 白雪姫
  • オーロラ
  • ラプンツェル
  • ティンカー・ベル
  • ウッディー
  • ジェシー
  • バズ・ライトイヤー
  • チューバッカ
  • BB-8
  • アイアンマン
  • スパイダーマン
  • キャプテン・アメリカ
  • という豊富さ!! ※登場キャラクターは予告なく変更となる可能性があります

    これらは、パーク内で偶然会えるかもしれない、というわけではなく、実施時間に開催場所に行って、並べば、確実にグリーティングできるキャラクターたちです。

    キャラクターに会うまでの待ち時間は、混雑状況にもよりますが、長くても数十分程度であるケースが多く、中にはほとんど待たずに会えちゃうことも!

    思う存分、好きなキャラクターたちとグリーティングできちゃいますよ。

    ジェラトーニにも会える!

    上記リストを見て、お気づきと思いますが、東京ディズニーシーの人気キャラクター、ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニにも会えます!

    中でも、ジェラトーニとグリーティングできる機会は、貴重。実際に会ってみると、とても愛らしく、ファンは必見ですよ。

    2. 絶対観るべき!「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラスブック」

    香港ディズニーランド・リゾートだけでしか公演されておらず、“遊びに行ったら、絶対に観るべきショー” としておすすめしたいのが、「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラスブック」。

    「世界のディズニーパークの中で最高のショーの一つ」と評価するディズニーマニアさえいます。

    進行役は、ミッキーとグーフィー、オラフ。

    ディズニーアニメーションの世界の本の中を旅していくのですが、それぞれ、生歌や、ダンサーのパフォーマンスが、最高です。

    なんと、アリエル、ラプンツェル、メリダが3人で一緒に歌唱する、奇跡のシーンも!

    最後には、エルサが “レリゴー” まで披露してくれます。

    もちろん、歌は日本語ではありませんが、聴き慣れたディズニーの名曲ばかりなので、子どもでもしっかり楽しめますよ。