SECHSKIES 左からキム・ジェドク、チャン・スウォン、ウン・ジウォン、カン・ソンフン、イ・ジェジン

近年、日本の音楽市場は“90年代ブーム”と呼ぶべき状況だった。昨年はTHE YELLOW MONKEYや小沢健二、Hi-STANDARD等が復活を遂げたが、時を同じくして、韓国でも90年代の音楽を取り巻く、あるムーブメントが起きていた。

90年代後半に爆発的な人気を獲得して、韓国のアイドル文化の礎を築いた“第一世代”と呼ばれる元祖アイドルの再結成ブームだ。

その中でも一番大きなニュースとなったのが、BIGBANG、PSY、WINNER、iKONらが所属する大手事務所YG ENTERTAINMENTへ移籍し、16年ぶりに公式活動を再開したSECHSKIES(ジェクスキス)。

1997年にデビュー、当時のSM ENTERTAINMENTのトップグループH.O.T.(エイチオーティー)とライバル構図を形成しながら、人気絶頂の最中にあった2000年に、わずか3年という短い活動を経て解散を発表。ファンのみならず多くの人々に衝撃を与えた伝説のグループが、新たな歴史を刻むべく、ついに戻ってきた。ドイツ語で“6つの水晶”を意味するSECHSKIESという名前でデビューしたが、現在は5人での電撃復活となっている。

そして韓国デビュー20周年を迎えた今年、20年前には成し得なかった日本デビューを果たして本格始動。7月19日に『THE 20TH ANNIVERSARY –Japan Edition-』をリリースし、7月23日に初の日本ファンミーティングをYOKOHAMA BAY HALLで開催した。