ディズニー・チャンネルで10月に本放送の最新オリジナルムービー「ディセンダント2」。

「ディセンダント2」のケニー・オルテガ監督が来日しました。

HSMを生んだ名監督が来日

ディズニーのヒーロー・ヒロインやヴィランズの“子孫”たちがティーンエイジャーだったら? という世界を描くディズニーチャンネルオリジナルムービー「ディセンダント2」。

ハイスクールミュージカルなど数々の名作を生んでいるケニー・オルテガ監督が来日し、最新作「ディセンダント2」について語りました。

「2年前に世界中のファンから新しい映画が見たいという要望をいただきました。

新しい場所、新しいキャラクターが見たいというファンの声に応えて「2」ができました。

ファンにサプライズもお届けできればと思います。

音楽やダンス、視覚効果も素晴らしいものになっていますし、お馴染みのキャスト、新しい演者も素晴らしいのでお楽しみください。」

SPサポーターが「ディセンダント2」楽曲カバー

「ディセンダント2」の日本スペシャルサポーターを務めるのはミラクルベルマジックさん。

ディズニーとハイスクール・ミュージカルがルーツだという彼女は「ディセンダント2」への熱い感想を語りました。

もう本当に素晴らしかったです。

「魅力を語るには時間が足りないほどですが、まずは音楽。

「Chillin' Like a Villain」という曲が、音楽もキャラクターの表情も全てがかっこよかったです。

そしてダンスは、「ハイスクール・ミュージカル」の時から構成や振り付けから人の力だけで、あの様なパフォーマンスができるのはケニーさんだけだと思います。」

ケニー監督からヴァネッサ・ハジェンズ(ハイスクール・ミュージカルのヴァネッサ役)のようだと絶賛されたミラクルベルマジックさんは、「ディセンダント2」の楽曲をカバーすることも決定しました。