自称17歳、今年で4年目。東北・仙台出身の2.5次元アイドル「大森杏子」のアニメ化が決定しました。

2017年7月21日からクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にてプロジェクトが動き出し、目標金額380万円を達成。現在は残り42日の期間中にストレッチゴールを目指す状況となっています。

「大森杏子」は2014年にネット上に姿を表した美少女キャラクター。ローラースケートで滑ったり、マメカラ(カラオケが楽しめるマイク付きカセットテープ再生機)で歌うなど、どこか世代のズレを感じるレトロテイストあふれる正統派アイドルの表の顔、ゲス顔がこれでもかというほど似合う裏の顔を隠さないストレートな個性がくせになる自称17歳の女の子で、キャラボイスは放映中のTVアニメ「捏造トラップ-NTR- 」の主人公・岡崎由真などを演じている人気女性声優・加隈亜衣さんが担当しています。

アニメを制作するのは同じく東北を拠点にする「福島ガイナックス」に決まっており、約1分ほどのショートアニメPVとなる予定。プロジェクトには3000円から参加可能、各コースにはアニメ映像を収録したディスク、複製原画などがリターンとして用意されており、発送時期は2018年5月を予定しています。