全国映画動員ランキング発表!(11/21-11/22)

興行通信社が2020年11月21日、22日の全国映画動員ランキングを発表しました。公開6週目に入った『鬼滅の刃』は好調をキープ。新作では『STAND BY ME ドラえもん2』がランクインしています。

10位『パウ・パトロール カーレース大作戦 GO! GO!』

キッズに大人気のアニメ番組『パウ・パトロール』の劇場版は先週と変わらず10位をキープ。

世界160以上の国と地域で放送され、日本でも2019年4月に放送がスタートした『パウ・パトロール』の劇場版です。“レスキュー・アクション・アドベンチャー”をテーマに、アドベンチャー・ベイの街の安全を守るべく7匹の子犬が結成したチーム“パウ・パトロール”の活躍が描かれます。

みんなが待ちに待ったカーレース“アドベンチャーベイ・グランプリ”決勝戦がスタート。パウ・パトロールはマシンの整備をするピットクルーとしてレース中のトラブルの対応に当たる。しかし、そこに何やらよからぬことを考える市長とニャンパトロールが現れて……

9位『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

公開10週目に入った『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は先週7位から9位に。

本作は、2018年にTVシリーズが放送され、情感溢れる世界観と美しい物語で大きな話題となった作品の劇場版。戦争で両腕が義手となった少女が、手紙の代筆業を通じて人々の心に触れ、愛という感情を知り、大切な人への思いを抱えながら生きていく様が描かれます。監督はTVシリーズも手掛けた石立太一、声の出演は石川由衣、浪川大輔。

多くの人々に深い傷を追わせた戦争の終結から数年。世界は平穏を取り戻し、人々も前向きになりつつあった。戦争に参加して両腕を失い、義手となったヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人への思いを抱えながら生きている中、一通の手紙を発見する。

8位『きみの瞳(め)が問いかけている』

横浜流星と吉高由里子のダブル主演で展開する純愛物語は、公開6週目は8位に。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の三木孝浩監督が手掛ける本作は、悲しい過去を抱える男女が紡ぐ無償の愛を描いた純愛ストーリーです。共演は、町田啓太、野間口徹、田山涼成、森矢カンナ、風吹ジュンら。

事故で視力と家族を失った明香里。彼女は、将来を有望視されていたキックボクサーだったが、ある事件をきっかけに心を閉ざしていた篠崎塁と出会う。ふたりは次第に惹かれ合うが、篠崎は自分の過去と明香里が失明した事故の関係性を知り、あることを決意する。

7位『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』

3世代のプリキュアが大集合し危機に立ち向かうシリーズ最新作、公開4週目は7位に。

『ヒーリングっど・プリキュア』『スター☆トゥインクルプリキュア』『HUGっと!プリキュア』のキャラクターたちが大活躍。監督は『ワンピース』のシリーズディレクターを務めた深澤敏則、脚本は『プリキュア』を長年書き続けている村山功。

ある日、花寺のどかの前に、謎の敵リフレインに追われる精霊ミラクルンが現れる。ミラクルンを助けるためプリキュアたちが集まり危機を脱するが、リフレインの能力で時間を戻されてしまう。プリキュアたちは時間を取り戻すため、協力してリフレインに立ち向かう。

6位『魔女見習いをさがして』

『おジャ魔女どれみ』20周年記念の劇場版は先週4位から6位に。

1994年から4年間放送されたTVアニメ『おジャ魔女どれみ』シリーズの20周年を記念して製作された劇場版です。

TVシリーズの始まりの場所“MAHO堂”で3人のヒロインが出会い、大人になって忘れてしまった大切な何かを取り戻す旅に出る様を描きます。声の出演は森川葵、松井玲奈、百田夏菜子ら。佐藤順一監督、関弘美プロデューサー、総作画監督の馬越嘉彦らオリジナルスタッフが再集結。

帰国子女で会社員のミレ、教員志望の大学生ソラ、フリーターのレイカ。年齢も悩みもまったく異なる3人は、MAHO堂の前で出会う。彼女らは、“どれみ”にゆかりのあるさまざまな土地を巡る旅に出ることになり、大人になって忘れた大切な何かを探すことに。