感動の「最終章」

数多くあるプーの物語の中でも最も感動的なのが「最終章」。

『完全保存版』の最後に収録されています。

3作品を繋ぎ合せた後、長編のために新たに加えられたシーンです。

この章でクリストファー・ロビンはプーと100エーカーの森とお別れをします。

もう学校へ行く歳になったからです。

プーとお別れするクリストファー・ロビンと、いまいち理解できていないプー。

2人と森が織りなす最後の風景には、プーの世界観が凝縮されています。

直接的な教訓やメッセージ性がない物語なのに心が温かくなる、プーが長年愛され続ける理由でもあるその空気感が美しいほどに詰まっています。

プーと一緒に冒険をしてきた最後に、涙無しには観られない感動のシーンです。

くまのプーさん/完全保存版 MovieNEX
発売中
4,000円+税