皆さんこんにちは、Chaccoです!

新生児育児のあまりの壮絶さに、夫婦ともに限界をとっくに超えていたある日。

「ちゃんとやってよ!母親なんだから!」

旦那の言葉に緊張の糸がプツンと切れてしまった私は、とうとう言ってしまいました。

「これ見よがしに不機嫌な顔してワタシに文句つけてさぁっ、
一緒に居るとプレシャーで息が詰まるんだよ!
もうヤダ!1人になりたい!!」

一瞬感じたのは『遂に言ってやった…!』という達成感。

憑き物が少し取れてスッキリした気分になったワタシが顔をあげると、
そこには、泣いているムスコを抱いたまま放心して固まっている旦那がいました。

―――ヤバい…コレは言い過ぎた…!―――

そんな後悔をした矢先、旦那の震える声がこう言ったのです。


「じゃあ…なに?…俺が頑張ってきたからChaccoを苦しめたの…?
え…?俺は何もしない方がよかったの…?

俺は家族のこと守んなきゃって…出産の時も、入院中も、退院した後も死に物狂いで
家事と育児と家のこと…頑張ってやってきたのにさ…

もうそれがプレッシャーで嫌だって言うならさぁ…そんなに俺と一緒にいるのが嫌ならさぁ…
もうそれ離婚するしかなくない…っ!?」


予想だにしなかった言葉に、ワタシは一瞬、ヒュッと血の気が引きました。

『離婚…!!?は!?何でそんな大ごとに!?』

しかし、旦那の赤くなった目からはポタポタと涙がーー。


この時、やっと、初めて、この人がどれだけ我慢していたか、どれだけ限界だったかがワタシにも目に見えて分かりました。

『産後クライシス』は夫にも重くのしかかる

今までも夫婦の間で『離婚』の2文字が出た時はあります。

犬も喰わないような、しょうもない言い争いのなかで
「もうコレを聞き入れてくれなかったら離婚も考えてるから!!」
…と、どちらともなく口が滑って言ってしまったものばかりでした。

でも今回はソレとは明らかに違う重みと深刻さを持っていたのです。

旦那がこんな弱った姿を見せることなんて、今までありませんでした。


産後1ヵ月以上経ち、毎日の育児疲れで産後うつ状態がピークに達していたワタシ。

そして、そんなワタシを心配し、仕事以外の全ての時間を家事・育児のサポートにあて、寝不足、ストレス、蓄積疲労でボロボロになっていた旦那。

余裕ゼロのワタシたちでしたが、話し合っているうちに次第に冷静さを取り戻していきました。


ワタシ「でも…きんちゃんと離れるのは…嫌だな…絶対に…それは嫌だ…」

旦那「うん…俺もきんちゃんと…Chaccoとも離れたくはない…」

ワタシ「ワタシもお父さん居なくなったらマジでやってけないよ…」


でも、この中途半端な状態でいったん仲直りしても、育児してたら絶対また同じ事の繰り返しになるのは目に見えている。

うやむやにすべきではないと思ったワタシたちは、ムスコをどうにか寝かしつけ、付き合っていたころからやっていた『ケンカが膠着した時にイチバン効果的な仲直り方法』をやってみることにしました。