今回も、アイドル界夏の風物詩、「アイドル横丁夏祭り!!〜2017〜」特集です。初日レポートに引き続き、2日目となる7月9日をレポートしていきましょう。

初日は横丁2番地、3番地ステージでのパフォーマンスを取り上げました。2日目のレポートは、初日にレポートできなかったステージを中心にめぐってみました。

まずはメインステージである1番地、唯一の無料ステージである4番地、そして今年から設置された5番地ステージを中心に取り上げていきます。もちろんグラドル横丁コーナーも!では、いってみましょう。

現役アイドルも大注目!メインステージを盛り上げた大型アクト

ジャパリパークはもはや国民的アンセム!「どうぶつビスケッツ×PPP」

今回の「横丁夏まつり!!」も人気グループ勢ぞろい。その中でも、注目度の高いアクトが横丁1番地に登場しました。まずは、日本中に旋風を巻き起こしたアニメ「けものフレンズ」の声優たちによるグループ「どうぶつビスケッツ×PPP」のステージから。

ステージ前は本当にたくさんのお客さんでいっぱい。出演アイドルさんがたくさん見学に来ていたのも印象的でした。期待値はあがりまくり! まず登場したのが、ペンギンアイドルユニット「PPP」。キュートな『大空ドリーマー』に歓声があがります。

つづいて「どうぶつビスケッツ」の3人が登場。テクノポップ感の高い『ホップステップフレンズ』は、音色の浮遊感が心地イイ感じ。「フワ! フワ!」の掛け声も楽しいですね。

MCでは、たくさんのお客さんを「カンガルーのフレンズがいっぱい!」と表現したのは技アリでしたね。ラストはもちろん、全員そろって『ようこそジャパリパークへ』を披露。ここで会場の盛り上がりもすごいことに。アンセム感がハンパない!

国民的グループの強さを見せつける「AKB48 Team8」

横丁1番地を大いに盛り上げたグループをもう一組。全国各地のファンに「会いに行くアイドル」こと「AKB48 Team8」。2016年のTIFに登場した際にもレポートしています。

今回の会場が横浜ということで、神奈川県代表メンバーの小田えりなさんがまずソロで登場。『ギンガムチェック』を歌い、そこにメンバーが全員集合していく、という趣向です。

そして童話の一場面のような『願いごとの持ち腐れ』から、アップテンポな『思春期のアドレナリン』までふり幅の広いセットリスト。

中でも、大名曲『大声ダイヤモンド』のパフォーマンス時に会場を見渡してみると、たくさんの方が口ずさんでいました。もう9年近く前の曲になるんですね…。名曲は色あせないことを再確認しました。

そして、ラストは『47の素敵な街へ』を披露。待ちに待った人気楽曲に、会場は大いに沸いていました。そうそう、このステージも見学しているアイドルの皆さんが本当に多かったですね。現役アイドルも注目するステージ、さすがの一言です。