恋愛をしたいなら、まずは異性の目を引くこと。これが大事になってきますよね。

具体的に自分という存在を、いかに相手に認識させるかが要になるということですが、シチュエーションによってその手段は様々です。

今回は、合コンや飲み会などお酒の席で異性の目を引く3つの言動をご紹介します。

小洒落た注文は不要、生を連打していれば目立つ!

いきなり真相を書いてしまいますが、飲み会では、とにかくシンプルに振る舞うことで、男性たちの視線を集めることができます。

お酒を注文する際に、ちょっと可愛らしい名前のものを注文して、周囲の男性に「○○ちゃん可愛いなあ」と思われることもできます。

しかし1番良いのは、シンプルに男性たちと同じものをガンガン注文し、どんどん飲んでしまうことです。

「あ、生で」とビールを連チャンで飲めば、その気風の良い飲みっぷりに、男性たちは否応なく注目してしまうんです。

自分たちと同じものをたくさん飲む女性というのは、一緒に飲んでいて気持ちが良いもの。男性たちは、そんな女性に強烈な親近感を抱くことは間違いないことです。

飲み会の場でしか披露しない話を用意しておく!

男性は、飲みの席というある種の無礼講の場でのみ見聞きする話というものが大好きです。

野次馬根性がお酒によって増幅される、ということかもしれません。

たとえば同じ職場のメンバーでの飲み会であれば「あの人とこの人、実はデキてるらしい」といったような話題は、ついつい食いついてしまいます。

そういう話って、平時にはなかなか披露しにくいもの。お酒があってこそ切り出せる話です。

そういった話の引き出しが多い女性は、男性たちが純粋な興味を抱いて接してくるようになります。

こういうシチュエーションで披露するために、普段から周囲の人々をしっかり観察し、ネタを集めておくことも大事になってきます。

しかも、お酒を飲んでいる状態で、内容はどうであれ共通の話題で盛り上がることで、男女の距離なんて大抵縮むものですから、まさに一石二鳥です。