SF9 左からヨンビン、ジェユン、チャニ、ダウォン、ジュホ、テヤン、インソン、ロウン、フィヨン

韓国出身の注目の9人組ダンスボーイズグループSF9(エスエフナイン)が8月4日、東京・豊洲PITで、初の単独公演「SF9 1st Concert in Japan “Fanfare”」を開催。8月2日のZepp Osaka Baysideと併せた2公演で約5000人を熱狂させた。

SF9はヨンビン、ジュホ、フィヨン、チャニの4人のラッパーと、インソン、ジェユン、ダウォン、ロウン、テヤンの5人のボーカルから成る9人組グループで、2016年10月に韓国で、2017年6月に日本でもデビューしたばかり。ワンマンライブは日韓でも初の経験。ダンサーやゲストなどは入れず、9人のメンバーだけで、日本デビュー曲『Fanfare -Japanese ver.-』や、8月2日にリリースされたばかりの日本2ndシングル『Easy Love -Japanese ver.-』など全22曲、約2時間のライブを展開した。

オープニングの『ROAR -Japanese ver.-』は車のエンジン音を模したハードな曲。スタートからメンバーたちの気合と気迫が伝わってくる。テヤンがアクロバット(コークスクリュー)を軽やかにキめて見せるとひときわ大きな歓声が上がり、会場が熱気で包まれる。続く『Easy Love -Japanese ver.-』では、イントロでメンバーの名前をひとりずつ叫ぶファンのコールもバッチリ。ジャケットをはだける振付には、黄色い歓声が沸き、冒頭から高まるステージとフロアの一体感。