THE YELLOW MONKEYが、結成30周年を記念して開催した東名阪ドームツアーの映像作品を3月10日にリリースすることが決定した。

2019年12月28日のナゴヤドーム、2020年2月11日の京セラドーム大阪、そして中止となってしまった4月4日、5日に替わる新規公演として開催された2020年11月3日の東京ドーム。このバンド史に残る3公演を完全パッケージ化した作品となる。

30回目のバンド結成日に開催されたナゴヤドームは、バンド史上最大規模のドームツアーの初日にあたり、まさに30年に一度のライブと言っても過言ではないバンドの本質が全面に表現されたライブとなった。

2020年9月に配信もされたが、今まで切り取ってこなかったメンバーの表情が印象的な映像に仕上がっている。

京セラドーム大阪は、活動休止直前の2000年以来(当時は大阪ドーム)19年ぶりとなり、最初のMCで「今夜のテーマはロックンロール気味な感じ」と話していた通り、全編通してライブバンドとしての有り様を目の当たりにできる内容。

元々発売の予定がなかったこともあって未公開のライブ映像が編集されており、圧巻のオープニングから収録されている。

そして東京ドームは昨年2月以降、ドーム規模では初となる有観客の公演となり、通常の半分以下となる19,000人というキャパシティや入場方法など多くの制限がある中で開催された。

会場では歓声が出せないという状況で、“新しい形”を提示したライブの模様が収められている。当日に配信された映像とは別編集となる点も見所の一つだ。

3公演は全てセットリストが異なり、それぞれの公演の全楽曲が本映像作品には収録される。

さらに映像以外も、まさに“コンプリート作品”と呼べる豪華さ。

完全生産限定(数量限定)のBlu-ray BOXは、バンド30年の活動史上初のLPサイズの仕様で、世界に一つしかないナンバリング付き。

また、東京ドーム公演を終えたメンバーのインタビューを掲載したアフターツアーパンフレット、ナゴヤドームで初公開された結成当初に録音されたバンド初のデモテープ(カセット / ダウンロードコード付)が当時のデザインそのままに同梱される。

さらに、直前まで開催を検討した4月4日、5日の東京ドームで配布する予定だったハンドタオルも付属。

DVD BOXには、ナゴヤドーム、京セラドーム大阪、東京ドームの3公演(6Disc)と、ライブの重要なシーンを切り取った「ライブフォトカード」全30枚が封入される。写真でしか表現することのできない、まさに一瞬の表情を切り取ったライブフォトカードとなる。

なお、『THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary LIVE -DOME SPECIAL- 2020.11.3』として東京ドーム公演のみのBlu-ray / DVDも同日に発売される。

これら3月10日に発売されるいずれかの映像作品と、2月3日に発売される20年ぶりのライブアルバム『Live Loud』の両方を購入した方への「W購入者特典」も決定しており、詳細は1月下旬に発表されるとのこと。