渡された設定を読み込み、自分に与えられたキャラクターを即興芝居で演じながら殺人犯を探す(犯人役はバレないように逃げ切る)、話題の密室体感型推理ゲームをベースにした新感覚ドラマ『マーダー★ミステリー〜探偵・斑目瑞男の事件簿〜』。

この番組はエントリー数251人の中から動画審査、本番さながらの第二次審査を勝ち抜いたファイナリストの7人が、自らの演技のスキルを発揮しながら謎を解き明かすミステリーであるのと同時に、7人の中から次世代スターを発掘するオーディションの要素も兼ね備えた、欲張りまくりのコンテンツ。

そこで今回は、演じ終えた7人の中から女性キャスト3人の座談会を緊急実施! 何が起こるか分からない、先の読めないミステリードラマの撮影を振り返ってもらった。

あらすじ

まずは今回のドラマ「腐草館の殺人」のあらすじを紹介しよう。

山奥にひっそりと佇む「腐草館」と呼ばれる洋館。そこには小説家の蛍原晃と妻の美鈴が暮していて、執事の熊田と家政婦の馬場が住み込みで働いていた。
その日、そこで行われていたのは、晃のミステリー小説の完成祝いの集い。夫婦と縁のある女性編集者の魚住と占い師の白鳥、記者の竜崎、イラストレーターの猪俣が招待されたが、会食後、それぞれが思い思いの時間を過ごしていると、リビングから突如悲鳴が! 駆けつけると、そこにはなんと編集者・魚住の遺体があった。
これは事故なのか? 自殺なのか? それとも殺人なのか? 人里離れた山奥で、しかも酷い雨なので、犯罪者が外から入ってきたとは考えにくいし、警察や救急隊が辿り着くにも時間がかかる。そこで、館にいた全員で真相究明に乗り出すことになるが……。

集まってくれたのは、小説家の妻・蛍原美鈴を演じたちなつさん、家政婦の馬場に扮した浅川琴音さん、美鈴の理解者でもある占い師・白鳥役のはなむらちこさん。

ハイレベルなミッションをクリアした彼女たちから、果たしてどんな話が飛び出すか? この赤裸々トークを読んでから観ると、ドラマがさらに面白くなる!!

全員で楽しいものを作ろうという空気の中で演じた

――ファイナリストの7人に選ばれたときはどんな気持ちでした?

浅川 私は7人ずつ10回に分けて「マーダーミステリー」をやる、第二次選考を初日に受けて。私の後には事務所の先輩も受けることになっていたから厳しいかな〜と思っていたんですけど、発表の当日にマネージャーさんから受かった人の名前が書かれたツイッターのリンクだけが送られてきたんですよね(笑)。そんなイジメのような連絡だったんですけど、すごく嬉しかったのを覚えています。

ちなつ 私は今回のオーディションがきっかけで「マーダーミステリー」を始めたんですけど、あんなにたくさんの人が見ている前でお芝居をしたのも初めてだったから、すごく緊張したし、終わった後も不安でいっぱいだったんです。

それだけに、決まったときはウワ〜って興奮して、演技レッスンの先生に「受かりました〜!」って速攻で連絡しました(笑)。

はなむら オーディションのときはほかのみんなの演技のレベルが高過ぎたから、私は全然ついていけなくて。でも、「マーダーミステリー」自体はすごく楽しかったんです。これまではオーディションを受けても、悔しい顔をして帰ることが多かったんですね。

でも、今回は母も帰宅した私の顔を見て“あっ、楽しかったんやな〜”“もしかしたら、今回は受かったんじゃないかな〜”と思ったみたいで。ただ、ほかの人たちにオイシイところを全部持っていかれた〜と思っていたから、実際に受かったときはちょっとビックリしました(笑)。

――本選に臨む前にはどんな準備をしました? それぞれの役の目的とミッションがあったわけですけど、どんなプランを立てて臨みましたか?

浅川 私は相当考えていきました(笑)。まず、みんなが言ってくるであろう言葉をどう返すか? みたいなことをシミュレートしたんです。かなりしんどい作業だったけど、それをやったおかげで、状況や自分以外の人たちの背景をすべて覚えられたのはよかったんですね。

はなむら 私はとりあえず、デリカシーも無視して、とにかく行け〜! という感じで挑みましたね。

ちなつ 私は台本を穴が空くまで何度も何度も何度も何度も読んで、分析しまくって(と言って、ぎっしり書き込みをした台本を見せながら)、自分がいまできることをすべて出し尽くそうという気持ちで準備しました。

スタジオを借りて、演技レッスンの仲間や先生に、本選のほかの人たちの役を勝手に想定して演じてもらいながら、実際に当日の流れで「マーダーミステリー」をやってみたりもしましたね。

――撮影に入る前に、本選を戦う7人で顔合わせする機会があったみたいですけど、そこで調整できることもありました?

浅川 現場で仕掛けてくる人はたぶんこの人とこの人だな?っていうのを見定めましたね。その段階では誰がどういうキャラクターなのか分からないんですけど、何となく誰がクセ者か分かるじゃないですか(笑)。それを知ることができたのはよかったです。

ちなつ 私は5年間、モデルの仕事をずっとやってきたので、俳優さんってどんな人なんだろう?ってすごく不安だったんです。でも、みなさん、「おはようございま〜す」と言って部屋に入ってきたときから明るくて。

控室にいるときもカメラが回っているんじゃないかな?っていうぐらい面白かったし、楽しいものを作ろう、みんながワクワクするようなものを作ろうという気持ちが伝わってきたので、自然に緊張が解けました。

はなむら 私もちなつさんと一緒で、みなさんが盛り上げてくださったので、明るい雰囲気の中で本番に臨むことができました。