県議会が制定を目指す子育て支援条例の委員会の原案がまとまり、前文には子育てを社会全体で取り組むことが必要だと明記されました。
県議会が制定を目指す子育て支援条例は、子どもが健やかに成長できる社会の実現を推し進めることを目的としていて、罰則はなく理念を掲げた内容となっています。
今日は委員会の原案がまとまり、前文には子育てを社会全体で取り組むことや働きやすい環境整備が必要だと明記されました。
またこの他、災害時の子どもの心のケアや11月19日をゴロ合わせで、子育ての日とする条文が盛り込まれました。
委員会では、9月県議会での条例の成立を目指しています。