甲府市の県立文学館で、夏目漱石の生誕150年に合わせた企画展が開かれています。
会場には漱石の原稿のほか、著書の表紙のデザインを手がけた画家、橋口五葉の作品、13点が展示されています。
このうち漱石の代表作「吾輩は猫である」の単行本には、それぞれ異なるネコの図案がほどこされ、一冊の本を芸術作品へ高めています。
企画展は来月27日まで開催されています。