甲子園を目指す夏の全国高校野球山梨大会はきょう決勝戦が行われ、去年の夏と同じカードの山梨学院と東海大甲府が激突しました。
去年のリベンジに燃える東海大甲府は初回、4番・山本のタイムリーで先制。
しかし5回、東海大甲府のエース高清水から山梨学院は9番・広瀬のタイムリーで2ー1と逆転に成功。
これで打線に火がついた山梨学院は続く6回に3点、7回には一挙7点を奪って2年連続7回目の夏の甲子園出場を決めました。
夏の全国高校野球は来月7日に開幕します。