あすは土用の丑の日です。
土用の丑の日といえば「ウナギ」ですが、昭和町のショッピングモールでは、「ウナギ」以外の魚で新たな蒲焼が登場しました。
こちらが新たに登場したナマズの一種、「パンガシウス」の蒲焼です。
昭和町のイオンモール甲府昭和店では、新たな食の提案として、土用の丑の日に合わせて様々な種類の蒲焼が並んでいます。
今年登場したパンガシウスはナマズの一種の白身魚で、自社で完全養殖をしているため、ウナギの3分の1ほどの価格とお手頃なのが特徴で、きょうは試食会も行われました。
「おいしい、甘辛が合う」「ナマズというと見た目は泥くさい感じがするが、そんな感じはしないから良い」(試食したお客さん)。
またこちらでは、この他近畿大学が開発した「ウナギ味に似たナマズ」や、ウナギとパンガシウス、近大ナマズの3種類の食べ比べセットも販売されています。
今年の土用の丑の日は様々な食材の蒲焼きを楽しめる機会ともなりそうです。