就職先やアルバイト先での雇用に関するトラブルを防ごうと、山梨労働局長による講義が山梨大学で行われました。
講義では、残業代の未払いや産休・育休の取得で不利益が生まれる職場環境は法令違反である事や、職員の定着率が低かったり、初任給が高額過ぎたりする場合は、違法な過重労働を強いるブラック企業の疑いがあるので、注意する事なども指摘されていました。