甲府市の住宅街で強盗事件が起きました。
けが人はいませんでしたが、民家に押し入った3人組の男はいまだ逃走中で、警察で行方を追っています。
「現場は甲府の中心から程近い住宅街で、事件から3時間たった今も、警察の捜査が続いています」(記者)。
きょう午後2時頃、甲府市寿町の住宅に3人組の男が押し入りました。
警察によりますと、被害にあったのは斉藤さんという方の家で、3人組はその家に当時1人でいた60代の女性の手足を紐のようなもので縛った後、室内を物色し逃走したということです。
女性にけがはありませんでした。
警察によりますと、3人組はいずれも上下黒色の服装で、この内1人は20代で、身長は約170センチでした。
昼間に民家で起きた強盗事件に、近隣住民からは動揺の声が上がっています「怖い、(子どもたちを)1人で外に出すのは危ないと思うので、早く捕まってほしい」(近くに住む人)。
警察では、強盗事件として3人組の行方を捜査している他、詳しい被害品などについて調べています。