けさJR南甲府駅周辺の踏切で、遮断機がおよそ20分間降りたままとなり、周辺の道路が激しく渋滞しました。
きょう午前8時20分頃、JR身延線の下り列車が南甲府駅構内を走行したところ、通常と異なる音が確認されたため、列車を停止して緊急の車両点検が行われました。
この点検に伴って、南甲府駅北側にある甲府市朝気の北大路踏切では、遮断機が降りたままの状態となりました。
朝の通勤時間と重なったこともあり、周辺の道路は一時激しく渋滞しました。
JR東海静岡支社によりますと、列車が石を踏み、異常な音が発生したとみられるということで、遮断機は運転再開までおよそ20分間、降りたままとなりました。