夏休みの小学生が「ものづくり」の面白さを学ぶ催しが甲府市で開かれました。
山梨青年工業会が開いたイベントには小学生の親子約140人が参加し、ストラップや燃料電池カーなど、6種類のものづくりに挑戦しました。
このうち畳座布団づくりでは、子供たちが工具を使ってイラストを模様付けしながら、自分だけの座布団を作っていました。
子供たちはものづくりの面白さと難しさに触れながら、夏休みのひと時を楽しんでいました。