鍛え抜かれた肉体美を競うボディビルの県ナンバーワンを決める大会が甲府市で開かれました。
39回目を迎えた今年の大会には年齢や男女別に4つの部門に分かれて20人が参加しました。
大会では制限時間内に決められた7つのポーズを披露し筋肉の付き方や大きさ、それに全体のバランスなどが審査されます。
また、健康志向の高まりで若者を中心に人気が出ているいわゆる「細マッチョ」のように、上半身の美しさを競うフィジーク部門も今年初めて設けられました。
この部門には20人中15人が出場していて、主催者はボディビルの底辺拡大に繋がればと期待していました。