映画で甲府市の魅力やジュエリー産業をPRします。
今年9月に上映予定の短編映画の撮影が、甲府市内で行われました。
これは東京の映画祭に向けた撮影で、甲府商工会議所の協力で実現しました。
映画のタイトルは「じゅ☆エリー」で、主人公の宝石専門学校の女子学生が、ジュエリーなどを通じた甲府の街おこしに奮闘する青春物語です。
きょうは、甲府市中心部にあるジュエリーショップなどで撮影が行われました。
商工会議所の職員が音声スタッフに入るなど街をあげて協力し、映画を通じた甲府の魅力発信に期待しています。
「山梨の美しい風景や地場産業品、人の魅力を集約させたので見ていただければ」(甲府商工会議所斉藤高志さん)。
完成した作品は、今年9月に東京の映画祭で上映される他、この映画をもとにジュエリー産業のPR動画を作成し、11月に予定されている甲府のえびす講祭りでも上映するということです。