夏場の「電気」の安全な使用を呼びかけるキャンペーンが、甲府市で行われました。
このキャンペーンは8月の「電気使用安全月間」に合わせ、関東電気保安協会が実施しました。
JR甲府駅の南口ではけさ、協会の職員が通勤する人たちにウチワを配りながら、電気の安全な使用を呼びかけました。
夏はエアコンの利用で電気の使用量が増えますが、濡れた手でプラグに触れて感電するといった、電気に関わる事故も増加しています。
このため関東電気保安協会は、電気は生活に欠かせないエネルギーであると同時に、使い方を誤ると重大な事故につながりかねないことを認識して欲しいと話していました。