11月に任期満了となる甲州市長選挙で、現職の田辺篤市長が4選へ向けて立候補する事を明らかにしました。
「正式に11月の市長選に出馬いたします」(田辺市長)。
甲州市の田辺篤市長は旧塩山市出身の72歳で、県議会議員や旧塩山市長を務めた後、2005年の合併に伴う市長選で初代市長に当選し、現在3期目です。
田辺市長は出馬の理由について、世界農業遺産への再挑戦や峡東3市のワインリゾート構想へ、引き続き取り組むためとしています。
「甲州市は色んなことを今できている、期待に応えて継続してやっていきたい」(同)。
市長選を巡っては、市議の相沢俊行さんと元市職員の荻原博夫さんが今月中にも立候補を表明する予定で、選挙戦となる見通しです。
甲州市長選は11月5日に告示、12日投票と開票が行われます。