ロンドンで行われている世界陸上、男子マラソンに山梨学院大学出身の井上大仁選手が出場しました。
今年2月の東京マラソンで、日本人最高の8位に入った井上選手。
序盤から果敢な走りで先頭集団についていきます。
しかし、徐々に疲れが見え始めると、後半に大きく失速してしまいます。
結局、2時間16分54秒の26位でした。
「自信を持って準備ができても、この程度しか戦えなかった、次は負けないようにもっと戦えるように、勝てるように、もっともっと強くなって(世界陸上に)帰ってきたい」(井上大仁選手)。