きょうは暑かったですね。
甲府で最高気温が37.5度と今シーズン最高を記録するなど、県内のほとんどの観測地点で今年一番の暑さとなりました。
「午後2時、甲府駅前です、気温は37度を超えました、ムワっとした暑さというよりも突き刺すような痛い暑さです」(記者)。
きょうの県内各地の最高気温は、甲府で37.5度、勝沼で37.1度と猛暑日になり、県内の10の観測地点の内、8地点で今年一番の暑さとなりました。
これは、台風5号が持ち込んだ暖かい空気が残っているところに、朝から強い日差しが射したためです。
甲府市内では、台風一過の後の急な気温の上昇に街行く人達もウンザリといった様子でした。
「サウナに入った気分」「とけちゃいそうな暑さ」「急きょ、暑くて帽子を買った」「予報見て38度って聞いてたので、ちょっとどうしようと言っていた、日傘じゃ無理」(街頭で)。
甲府地方気象台では高温注意情報を出し、こまめに水分を取るなど、熱中症などに注意を呼びかけています。