夏の甲子園、山梨代表の山梨学院はきょうの第3試合で、群馬代表の前橋育英と対戦しました。
初回に1点を先制された山梨学院はその裏、2アウト満塁のチャンスを作り、バッターは6番・清水。
しかし、空振り三振でチャンスを逃します。
すると3回前橋育英の打線が爆発、7番・小池のホームランなどで6ー0とリードされます。
山梨学院は4回に反撃。
2アウト満塁で1番・五十嵐。
走者一掃のタイムリースリーベースヒットとなり、3点を返します。
勢いに乗りたい山梨学院でしたが、5回以降も前橋育英の打線を抑えきれません。
5人のピッチャーが合わせて3本のホームランを浴びるなど、結局12―5で敗れ、初戦突破はなりませんでした。