新年の準備が本格化です。
甲府市の神社で、正月飾りの袋詰め作業が行われました。
甲府市太田町にある稲積神社では、正月飾りを夏頃から手作りしていて、この時期に一式にまとめています。
正月飾りは年神様の御札や神棚や床の間に飾る紙垂など7点で、宮司や職員らが一つ一つ丁寧に袋に詰めていました。
こうした正月飾りをセットで扱う神社は県内では稲積神社だけで、きょうの袋詰めを皮切りに新年の準備が本格化していきます。
「迎える新たな年は平和で穏やかな1年になってほしい」(根津泰昇宮司)。
用意された450袋はお払いを受けたあと、あす以降参拝者らに3000円で提供されます。