学校給食がない冬休みに生活の苦しい家庭を支援する食料品の発送作業が、甲府市で行われました。
この取り組みは、NPOフードバンク山梨が夏休みと冬休みに行っているもので、今回は約14トンの食料品が集まりました。
きょうは、備蓄していた非常食1000食分を提供したネッツトヨタ山梨の社員のほか、甲府東高校の生徒ら約200人が参加して、お米や缶詰、お菓子などの箱詰めを行いました。
これらの食料品は明日、582世帯の家庭に届けられる予定です。