山梨県民の宿泊料金を割り引くやまなしグリーンゾーン宿泊割が4月15日再開されました。
施設は低調な予約状況の回復に期待を寄せています。
この宿泊割はグリーンゾーン認証を取得し事前に登録した県内の宿泊施設に泊まった県民の宿泊料金を1人1泊あたり最大5000円割り引くほか、2000円の地域限定クーポン券がつくものです。
山梨県富士吉田市のホテル鐘山苑のこの1か月ほどの客室の稼働状況は平日は2割、休日は6割程度と予約は低調でしたが4月15日は宿泊割引についての問い合わせが寄せられていました。
ホテルではホームページに宿泊割引の情報を掲載するなど今後の予約状況の回復に期待を寄せています。
この宿泊割引は5月31日までの宿泊が対象です。
一方、4月12日には県民主医療機関連合会が感染拡大を招きかねないとして事業の中止と延期を求める声明を出しています。