40万個以上のレゴ・ブロックを使った1:1スケールのランボルギーニ「シアン・FKP37」が完成しました。

開発・制作におよそ1年

 伊アウトモビリ・ランボルギーニは2022年7月25日、40万個以上のLEGO(レゴ)ブロックを用いてつくられた1:1スケールのランボルギーニ「シアン・FKP37」を、同年10月6日まで、サンタガータボロネーゼのランボルギーニ美術館に展示すると発表しました。

 2020年に1:8スケールのレゴ「シアン・FKP37」が発売されました。この際、レゴピースを用いて、シアンの未来的なデザインを再現できることを確認したといいます。

 今回レゴグループ、およびランボルギーニの技術者は、精密にモデリングを実施、実車とまったく同じ全長4980mm×全幅2101mm×全高1133mmのレゴを設計しました。

 そしてこのモデル用に特別成形された20個を含む、154種類のレゴピースが使われました。

 チャコ共和国クラドノにあるレゴチームの15人の設計、エンジニアリング、モデラーのスペシャリストにより作成。開発には5370時間、そして制作には3290時間かかったといいます。

 レゴグループの製品・マーケティング担当上級副社長であるレナ・ディクセン氏は「私たちのデザイナーは挑戦することが大好きです。ですから、このモデルに取り組み、いつもより少し大きな視点で物事を見るよう依頼したとき、彼らがどれほど喜んだか想像できるはずです。彼らは、チェコ共和国のクラドノ工場で、この素晴らしい原寸大モデルを製造している素晴らしいデザイナーやエンジニアと一緒に仕事をする機会に飛びつき、レゴ・テクニックで何ができるかの境界線を押し広げることに成功したのです。このシステムが提供する創造性の幅のおかげで、彼らは、ランボルギーニ・シアンFKP37 レゴ・テクニックの並外れたデザインを見事に表現してくれました」とコメントしています。

 またアウトモビリ・ランボルギーニのマーケティングおよびセールス最高責任者のフェデリコ・フォスキーニ氏は「このシアンの1:1スケールモデルは、ランボルギーニが、レゴ・グループと同様、挑戦を生命線とし、テクノロジーを創造の手段とし、デザインを、人々の心を奪うことができる、またそうしなければならないことを表しています」とコメントしました。