1967年に創業、今年で55周年を迎えたAMGですが、それを記念した特別仕様車、メルセデスAMG「G63 Edition 55」が200台限定で登場しました。

585馬力・850NmのメルセデスAMG「G63」をベースにした特別仕様車

 メルセデス・ベンツ日本は2022年7月28日、メルセデス・ベンツ「Gクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 Edition 55(G63エディション55)」を発表しました。

 AMGは「モータースポーツこそが技術力の優秀性を何よりも端的に示す」という信念に基づき、1967年に誕生しました。その名は、創立者のハンス・ ヴェルナー・アウフレヒト(Aufrecht)、パートナーのエバハルト・メルヒャー(Melcher)、アウフレヒトの出生地グローザスパッハ(Grossaspach)の頭文字から取られています。

 G63エディション55は、そんなAMGが2022年で創業55周年を迎えたことを記念した200台限定の特別仕様車です。

 オブシディアンブラック(限定100台、無償)とオパリスホワイト (限定100台、有償オプション)を用意、サイドミラー、スペアホイールカバーリングにオブシディアンブラックのアクセントを施すなど、シックなエクステリアを演出しています。

 さらに、マットタンタライトグレーペイント22インチAMGクロススポークアルミホイールと専用デカールを特別装備。インテリアには、「Edition 55」専用ロゴをあしらったDINAMICA仕様のAMGパフォーマンスステア リングを採用しています。

※ ※ ※

 ベースとなるメルセデスAMG G63は、オフローダーとしてのGクラスに、AMGのモータースポーツで培ったテクノロジーを搭載したトップパフォーマンスモデルです。

 585馬力・850Nmを発生する4リッターV型8気筒ツインターボエンジン「M177」をお搭載しています。専用装備として、圧倒的なパフォーマンスに対応するAMG強化ブレーキ、コーナリング時やブレーキング時には、硬いスプリングレートに瞬時に切り替えることで、高い安定性と思いのままの俊敏なハンドリングを実現するAMGモデル専用サスペンションを採用しています。

 特別仕様車G63エディション55の消費税込みの車両価格は2750万円です。予約注文受付はすでに開始しています。